部品加工工場で働くデメリット

部品加工工場について

日本の技術が世界に誇れるのは、中小企業を含めて部品加工の技術が優れているからにほかなりません。車や医療機器・スマホやPCなど優れた製品もねじ一本から半導体や抵抗・コイル・コンデンサーなどの部品を組み合わせて作っているからです。有名な電気メーカーや車メーカーもしょせん組み立て技術はあっても、品質の根本は小さな部品から決まってしまいます。そのなかでも、日本の中小企業は部品加工の優れた技術を持っています。微細な部品の寸法をミリ単位・ミクロン単位の正確さで加工ができます。髪の毛よりも細いワイヤーの加工もお手の物です。しかしそのような中小企業が、後継者問題や営業利益の問題で少なくなっているということも事実です。

部品加工工場のデメリット

日本の製品の競争力が高いのは、部品技術の高さとコストの安さです。車やテレビ・PCなどが海外との競争に打ち勝つには部品の値段も安くなければなりません。そのため、コスト的には部品加工をしている中小企業にしわ寄せが行きがちです。毎年の様にコストダウンを要求される部品加工の工場では、必然的に労務費のコストダウンが必要となります。海外に移管する企業も多いのですが、生産性の向上が強く求められます。日本で部品加工を続けるには稼働率と大量生産が必要となるのです。そのため、部品加工の仕事は海外に仕事を奪われるリスクも抱えています。これが最大のデメリットですが、日本の部品加工の技術が世界の産業を支えているのも確かなことで、このデメリットを跳ね返すだけの力を持っているのが日本の中小企業です。

© Copyright Factory Worker Jobs. All Rights Reserved.